スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の更新:自殺未遂

約半年ぶりの更新です^^;

教習所やら就活やら色々ありましたが,結局自殺することを決意して
23日に決行しました。結果は未遂に終わってしまいました・・・orz
方法は首吊り,ドアノブを使って非定型です。はぁ死にたかったな。

 未遂の原因は,意識を失った直後に相当暴れたようで,不運にも下の階にいる親にすぐ発見されましたorz。どれだけすぐかといえば,首吊りしたにも関わらず後遺症がほとんど残らないほどすぐです^^; 首を若干痛め,首にロープの後が若干残った程度で全く日常生活に支障はないです(苦笑)
ただ,当然ながら親の監視が異常に厳しくなりました><

 具体的な方法を簡単に紹介します。首吊りといっても,台を蹴る勇気はなかったので非定型です。足がつく状態で首をワッカに通し,ハイベン(ハイパーベンチレーション)を行った後,タオルで首を絞め,意識を飛ばしました。意識が飛んだら,膝が折れるので,首が吊れるだろうという考えです。完全自殺マニュアルによると,膝が折れた状態だと体重の70%ぐらいは首にかかるようなので,首吊りには全く問題ないとのことです。

 タオル使って自分で首を絞める利点は,意識が飛ばずに窒息しそうな場合は途中でやめることができる点ですね。窒息しそうな場合は,首を絞めていくと次第に血液の音が大きくなって聞こえます。これは失敗だなと自分でもすぐにわかります。というか恐くてしょうがないです>< たぶん首吊りで一番怖いのは,やり方を誤れば非常に苦しい窒息死してしまうかもしれないという恐怖ではないでしょうか?これを避けるために私はタオルによる首絞めで,意識を飛ばすことにしました。意識が飛ばずに,苦しかったらやめたらいいだけなので
 逆に窒息しない場合は,頭が真っ白になって意識が飛びます。たぶん10秒かかってないです。もちろん直前のハイベンは必須です。酒や睡眠薬は飲んでないです。自分で首を絞めると,確実に窒息を避けられる点が嬉しいですね。タオルで首を絞める際は,首の後ろを締めることを意識すればいいかと思います。実際にやったら苦痛はまったくなかったです。
ロープの結び方はハングズマンノットにしました。もやい結びだと,先にワッカを作るとちょうど首の大きさのワッカを作れなかったので。ハングズマンノットだと,ワッカに首を通した後,簡単にワッカの大きさを調整できます。

 自殺そのものが恐くなかったのかについては,自分の人生を十分に時間をかけて振り返り,最後に思い浮かべることを決めておいたら,特に恐いとかはありませんでした。
 ・・・というか,正直なところ,ハイベンやったあとに首を絞めたら,恐いと感じる前に意識が飛んだような^^; なので,実験する人がいたら,首は吊らない方がいいです。また,意識が簡単に飛びますので,ケガする可能性も大です。足がかなりガクガク震えますので実験でも立ってやるのはお勧めできないです。

 自殺の原因としては・・・う~ん,なんだろ。はっきりとした原因はないのですが,正直もう人間社会で生きたいと思わないんです。楽しいことは何もないですし。
 自殺願望は2ヶ月ほど前からあるのですが,これがうつ病からくるものなのか自分でもよくわからないです。というのも,規則正しい生活を送れていますので。ただ,全てに対して意欲というものが全くなくなったのは自分でも自覚しています。ここ半年以上,本気で怒ったり,笑ったり,悲しんだりした記憶が全くないです。

以上,長々と書きましたが,たぶんこれが最後の更新になります。何かの縁があって最後まで読んでくれた人は有難うございましたm(_ _)m
スポンサーサイト
プロフィール

tyuutai

Author:tyuutai
年齢:26
職業:大学院中退

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。